英語教材がすごい

長女は週に2回、くもんに通って平仮名と足し算の勉強をしています。

もうかれこれ半年以上通っていて、平仮名は全て読み書きできるようになり、足し算は「●+6」までできるようになりました。

そんな長女から先日、

くもんで英語もやりたい

と申し出がありました。

勉強にやる気になっている娘を見て、父親としてはなんとも誇らしく、嬉しい気分になりました。

妻に、

「英語やりたいって言ってるよ!やらせてあげて!」

と言うと、妻は

「別にいいけど、そしたらあんたの小遣いから英語の授業料マイナスになるけど、いいか?」

『えっ!?そういうシステム??』

私は5秒間ほど考えました。

妻の言うことは絶対です。

妻に反旗を翻して、我が家のルールを変えようなど、全く意味のないことなのです。

従って私に与えられた選択肢は2つ。

自分の小遣いを減らすか、娘に英語を諦めさせるか。

5秒間の葛藤の末、出した答えは、『自分の小遣いを減らして、娘に英語を習わせる』ということでした。

自分の小遣いのせいで、娘が英語を勉強する機会を損失するなど、あってはならないのです。

私は妻に言いました。

「いいよ。俺の小遣い減らしても構わない。娘に英語を勉強させてやってくれ」

その時の私はきっと、長女が生まれてからの5年間で、一番輝いていたでしょう。

父親として正しい選択をした。

その充実感だけで、私の目頭は熱くなるのでした。

妻は、

「あっそ。分かったよ。多分あの子、英語をやるともらえる、喋るペンが欲しいだけだよ?まぁでも、あんたが金出すなら、別にええけど。」

と冷めた様子で答えました。

『喋るペン??』

私はその言葉の意味をはっきりと理解出来ませんでした。

後日、英語の教材を抱えて、長女がくもんから帰ってきました。

↑このテキストで、英語を勉強します。

そして、噂の喋るペンとご対面です。

『なるほど、これが妻が言っていたペンかぁ。どうやって使うのかなぁ?』と思っていると、おもむろに娘がペンの電源を入れました。

そして、テキストを開いて、マークがあるところにペンをあてると、ペンがテキストの内容に沿って、英語を話し出すのです。

長女はペンの喋る英語を真似することで、英語を覚えていきます。

これがあれば、もはや先生がいなくても子供は勝手に英語を学ぶことができるし、ペンの発音はネイティブなので、むしろ日本人の先生から習うよりいいかもです。

こんな便利な教材が開発される世の中になったのかと、感心させられる子育てパパでした。


人気ブログランキングに参加しました。

よかったら、以下のバナーをクリックして投票してください♪

子育てパパランキング
※サイトが表示されたら投票完了です。

※1日1クリックまで投票できます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。