大阪旅行2日目 ~たこ焼き食べ比べ~

ミニオン・ハチャメチャ・ライドに乗った後で、次女が長い昼寝から目覚めました。そこで私たちは遅めのお昼ごはんを食べました。この時点でまだ15時過ぎでしたが、朝から強い日差しが照りつける中歩き回り、体力を消耗していたこともあり、少し早めにホテルに戻ることにしました。

妻は今回の旅行で、ユニバーサル・シティ・ウォーク内にあるたこやきパークでたこ焼きを食べることを心に決めていたようです。ホテルに向かう途中、「ねぇ、たこ焼きどうする?」と執拗に訊いてきました。妻の機嫌を損ねるわけにはいかないと考えた私は、疲れて早くホテルに戻りたがっている長女を説得し、たこ焼きを買って帰ることにしました。

↑ユニバーサル・シティ・ウォーク
↑たこ焼きパーク外観

↓たこやきパーク公式Webサイト

https://ucw.jp/restaurant/takopa/

ここには、大阪を代表する6店舗のたこ焼き屋がテナントとして入っており、各お店のたこ焼きを食べ比べすることができます。

妻と話し合い、私たちはこの中から3店舗をピックアップして、たこ焼きをテイクアウトすることにしました。

↑1店舗目、大阪出玉 会津屋
↑2店舗目、たこ焼 十八番
↑3店舗目、大阪アメリカ村甲賀流

これらのお店のたこ焼きをテイクアウトし、ホテルに戻ってビールとともに食べ比べです。

ちなみに子供たちはたこ焼きに興味を示さず、姉妹仲良くお部屋の2段ベッドではしゃぎ回っていました。

↑食べ比べ開始です。

↑まずは、大阪出玉 会津屋のたこ焼きをいただきました。

妻曰く、「大阪の定番といえば、これでしょ。」とのことです。

ソースを付けずに頂くのが特徴で、たこ焼そのものの味を楽しむことができます。あっさり味がお好きな方にオススメです。

↑次に、たこ焼 十八番を頂きます。
↑おろしポン酢だれ

おろしポン酢ソース(マヨ)のハーフ&ハーフを選びました。

特におろしポン酢につけて頂くスタイルは、口の中でたこ焼、ネギ、ポン酢、大根おろしといった様々な味がマッチして、なんとも面白い味わいです。

個人的には、今回買ったたこ焼の中で一番おいしかったです。

↑最後に、大阪アメリカ村甲賀流を頂きます。

ソースマヨねぎソースのハーフ&ハーフを注文しました。

妻曰く、「一番ジャンキーだから、あんた好みの味だと思うよ」とのことでした。妻の言うジャンキーな部分はあまり理解できませんでしたが、トロリととろけるような生地は、大阪ならではといった印象。特にネギソースは、たっぷりかかったネギのアクセントが効いており、ビールが進みます。

以上、大阪定番のたこ焼きではありますが、それぞれの特徴を楽しむことができました。

この後は、子供たちとお風呂に入り、夜はテレビを見ながらダラダラしつつ、大阪旅行2日目は終わるのでした。


人気ブログランキングに参加しました。

よかったら、以下のバナーをクリックして投票してください♪


子育てパパランキング

※サイトが表示されたら投票完了です。

※1日1クリックまで投票できます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。