赤城山オートキャンプ場でハロウィンキャンプ(前編)~ランドロックデビュー~

本日は、群馬県前橋市にある、赤城山オートキャンプ場で、ハロウィンキャンプです。

都内からは、東北自動車道を通って、車で約2.5時間。

伊勢崎ICを降りて、一般道を40分ほど走ると到着します。

そして本日は、新たに購入したテント、スノーピークのランドロックPro. RED FRAME EDITIONを初めて使います。

これまでは、同じスノーピークでも、エントリー2ルーム エルフィールドを使用していた我が家ですが、より大きなテントが欲しくなり、ランドロックを購入すべく、先日アルペンアウトドアーズフラッグシップストア 柏店を訪れました。そこで店員さんから、「1週間前に発売されたばかりの限定モデル、ランドロックPro. RED FRAME EDITIONの在庫が残り1つ」という情報を聞き、通常モデルよりも5万円高い限定モデルを衝動買いしてしまいました。

↑購入した時の箱。

↑箱を開けると、ケースが2つ。

1つはポール収納用、1つはフライシートとインナーテントを収納するためのものです。

↑箱から出すと、こんな感じ。

↑ポールは赤色です。

今回の限定モデル、ランドロックPro. RED FRAME EDITIONでは、その名の通り、ポールが赤色なのです。

そして、跳ね上げ用の赤色キャノピーポールも標準装備で付いてきます。

早く限定モデルを使いたくてたまらず、弾む気持ちを抑えながら、安全運転でキャンプ場へ向かいました。

ベイシア前橋おおごモール店で買い出しをしました。

↑そして、到着。

キャンプ場と道路を挟んだ場所に駐車場があり、そこでドライブスルーチェックインをしてくれました。

↑管理棟はハロウィン仕様になっていました。

↑管理棟前には、こんなガイコツが飾られていました。

↑管理棟内もハロウィン仕様。

↑いろんなお肉が売られているので、食材を買い忘れても安心。

↑ハロウィン限定メニューや工作キットが販売されていました。

↑チュロスやフライドポテトなども売られていました。

↑本日はT-3サイトに宿泊です。

この日、朝8時に家を出たのですが、途中渋滞にハマってしまい、休憩や買い出しなどを挟みながら移動してきた結果、赤城山オートキャンプ場に到着したのは13:00過ぎ。ひとまずベイシア前橋おおごモール店で購入したお惣菜を頂くことに。

↑ランチ休憩。

ランチを終えた後は、いよいよランドロックPro. RED FRAME EDITIONの設営です。

予め、アルペンアウトドアーズフラッグシップストア 柏店で試し張りをしていたので、設営はスムーズでした。

↑完成!

限定モデルの最大の特徴は、入り口部分をキャノピーポールで跳ね上げた時にできるサイドウォールです。

このサイドウォールがあることにより、テント内のリビング空間が格段に広がるのです。

また、雨が降ってきても、このサイドウォールがあることによって、側面から雨が侵入してくるのを防いでくれます。

通常モデルのランドロックでは、このサイドウォールがついていないのですが、限定モデルにはついてくるのです。

このサイドウォールに憧れて、通常よりも5万円高い金額を払って限定モデルを購入したのです。

今夜は、この快適空間で過ごす時間が、楽しみでたまらない子育てパパなのでした。

つづく。

今回の投稿はYouTubeでもご覧頂けます。


人気ブログランキングに参加しました。

よかったら、以下のバナーをクリックして投票してください♪


ファミリーキャンプランキング

※サイトが表示されたら投票完了です。

※1日1クリックまで投票できます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。